コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通信機器工業 つうしんききこうぎょうtelecommunication equipment industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通信機器工業
つうしんききこうぎょう
telecommunication equipment industry

電話機,交換機,データ通信装置,搬送装置などの有線通信機器と,テレビ,ラジオなどの放送装置,無線通信装置などの無線通信機器,およびその応用機器,以上の機械や装置に使用する部品,材料を生産する工業の総称。日本の通信機器工業の誕生は,明治初期の電信事業の開始にさかのぼる。 1953年に日本電信電話公社が発足し,通信施設の急速な拡張が行われて以来,通信機器工業は急激な拡大期を迎えた。近年は官公需要の依存体質からも脱却し,企業の市場開拓や通信の自由化などにより民間,海外需要も拡大傾向にある。また光ファイバ,デジタル化など技術開発による高性能化も進み,旧技術に依存するところの大きい中小企業は,技術開発の急速な進展にその対応を迫られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

通信機器工業の関連キーワード軍産複合体[ソビエト連邦]電話機

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android