コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通常兵器移転報告制度 つうじょうへいきいてんほうこくせいど

1件 の用語解説(通常兵器移転報告制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通常兵器移転報告制度
つうじょうへいきいてんほうこくせいど

通常兵器の国際移転を管理抑制するため,その輸出入を国連に報告する制度。日本が 1991年3月に提唱,同年5月の国連軍縮京都会議で,当時の海部首相が国連総会への提案の意向を表明した。湾岸戦争直後の7月のロンドンサミットでも通常兵器の拡散防止が焦点となり,共同宣言で,通常兵器移転の実態の国連登録制度などによる透明化,兵器移転のガイドライン設定,不安定化や緊張激化の原因となる武器移転の自制を求めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通常兵器移転報告制度の関連キーワード原子力管理通常兵器国連通常兵器登録制度安全保障貿易管理武器貿易条約小型兵器特定通常兵器通常兵器及び関連汎用品・技術の輸出管理に関するワッセナー・アレンジメントワッセナー協定ワッセナー合意(The WassenaarArrangement)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone