コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連総会 こくれんそうかいUnited Nations General Assembly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連総会
こくれんそうかい
United Nations General Assembly

略称 UNGA国連の主要機関の一つ。全加盟国によって構成され,国連憲章の範囲内にあるすべての問題を討議し,加盟国や安全保障理事会などに勧告できる。国際の平和と安全の維持については安全保障理事会が第1次的な責任を負うが,その他に関しては総会が国連の最高機関である。総会の決定は,重要問題については,出席して投票する加盟国の3分の2の多数,その他の問題については,過半数で行われる。重要問題とは,国際の平和と安全の維持に関する勧告,新加盟国の承認,予算の承認,安全保障理事会や経済社会理事会の理事国の選挙,国連憲章の改正などをいう。投票は,1国1票である。総会の年次通常会期は9月に開かれ,また特別会期は加盟国の過半数または安全保障理事会の要請があったとき招集される。 1950年 11月に総会は「平和のための結集決議」を行い,安全保障理事会に代って緊急事態に対処できるとするなど,権限の強化をはかった。 1960年代から発展途上諸国が総会構成国の大半を占めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

国連総会

国連の主要な討議機関で、全加盟国が議席を、投票においては各国が1票を持つ。通常会期は毎年9月の第3火曜日に始まり、普通は12月半ばまで続くが、必要に応じ、年明け後に再開してさらに続行する。特別会期は加盟国の過半数または安保理の要請があった場合に開かれ、近年の例としては2001年6月の国連エイズ特別総会がある。このほか、1950年に採択された「平和のための結集」決議に基づき、加盟国の過半数または安保理の9カ国の要請で招集される緊急特別会期がある。総会の主要任務は、国連憲章の範囲内にある諸問題及び国連の機関に関する諸問題について、討議し勧告すること。ただし平和と安全の維持に関しては安保理に主要な責任があり、安保理が取り扱い中の問題に関しては、同理事会の要請がない限り勧告はできない。総会決議は新規加盟の認容・除名の決定、予算の承認などわずかな例外を除き、原則として加盟国を拘束しない。だがその中には、世界人権宣言(48年)や新国際経済秩序樹立宣言(74年)など、国際社会の基本構造にかかわる重要な内容を宣明したものも多い。法的な拘束力がないにもかかわらず、決議の動向に対する支配力をめぐって、第三世界諸国による「多数の横暴」といった非難が一部先進国からなされるのは、総会決議が持つ重みによるところが大きい。

(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくれん‐そうかい〔‐ソウクワイ〕【国連総会】

国際連合の主要機関の一つで、安全保障理事会と並ぶ最高機関。全加盟国によって構成され、国連憲章の範囲内にあるすべての問題や事項について討議し勧告することができるが、安全保障理事会と異なり、決定事項に拘束力はない。毎年1回、9月に定期総会を開くほか、特別総会や緊急特別総会が開かれることもある。議案採決では、各国が1票の投票権をもつ。議長は、世界の五つの地域による持ち回りで選出される。国際連合総会。UNGA(United Nations General Assembly)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国連総会【こくれんそうかい】

国際連合の最高機関で全加盟国で構成され,安全保障理事会と並ぶ重要性をもつ。国際連合の関与するすべての問題を討議し,決議できるが,その決議は加盟国・理事会等に対する勧告の形をとり,拘束力・強制力はもたない。
→関連項目国際世論国際連合旗国連国際法委員会国連事務局国連人権委員会国連世界人権会議国連分担金国連ボランティア信託統治平和のための結集決議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の国連総会の言及

【国際連合】より

…現在の未加盟国は,スイスを除けば,若干の〈極小国家〉にとどまる。中国は,1949年の革命成立後も,台湾の国民政府が国連での代表権を維持し,中国本土は国連から締め出されてきたが,第26回国連総会は中華人民共和国政府の代表権交替を認め,問題は決着をみた。加盟国のなかには人口や領土,資源の乏しい,いわゆる〈極小国家〉と呼ばれる国々があり,これらの国の取扱いが今後の課題である。…

※「国連総会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国連総会の関連キーワード経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約アブドル‐アジズ ブーテフリカレスリー・ノックス マンロームハメッド ザフルラ・ハーン後発開発途上国(LDC)G. ラレーア・コルドバ児童の権利に関する条約行政財政問題諮問委員会宇宙空間平和利用委員会ナスロラ エンテザムK.P.S. メノンA.E. ブルックスルイス・P. ネルボS. トレプチンスキ海底軍事利用禁止条約国連訓練調査研修所国連特別政治委員会国際ガールズ・デーE. ロドリゲス世界の子どもの日

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国連総会の関連情報