コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通模倣様式 つうもほうようしきthrough-imitation style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通模倣様式
つうもほうようしき
through-imitation style

音楽用語。各声部がまったく均等な関係で模倣を行う多声作曲様式。いずれかの声部が定旋律を保持し,他の声部がそれに対位する定旋律作法と対比される。フランドル楽派のミサやモテトに多くの例がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の通模倣様式の言及

【シャンソン】より

…この時代にはなお歌曲定型が大勢を占めていたが,同時に近代的な有節形式やより自由な形式も徐々に現れはじめた。 次いで15世紀末になると,全声部に模倣を徹底させるいわゆる〈通模倣様式〉を基礎とするJ.オケヘム,J.オブレヒトらフランドル楽派の時代をむかえる。ここに至り歌曲定型は完全に捨て去られ,ミサやモテットのような宗教曲と同様の対位法的彫琢がなされ,全声部が同じ歌詞を歌うようになる。…

【フランドル楽派】より

…代表的な作曲家はオケヘムオブレヒトであり,そのおもなレパートリーはミサ曲やモテット,あるいは世俗歌曲である。16世紀初頭の第2期には,旋律がいっそう〈カンタービレ〉(〈歌うように〉)となると同時に,各声部が同一旋律を模倣しながら進んでいく通模倣様式を確立した。また,イタリアの清澄な和声法,ポリフォニーホモフォニーの対比効果も重視された。…

【ポリフォニー】より

…4声部書法が定着し,またミサ通常文への作曲が盛んになり,しかも各曲に同一の定旋律を使用することで全体の統一が図られたのもこの頃である。続くフランドル楽派の時代には,各声部が互いに対等に同一旋律の模倣を行う通模倣様式が確立された。声楽ポリフォニーの頂点は16世紀後半のローマ楽派のパレストリーナによって築かれ,その豊かでなめらかな様式は,その後の対位法の規範となった。…

※「通模倣様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通模倣様式の関連キーワードビクトリア(Tomás Luis de Victoria)パレストリーナルネサンス音楽ウィラールトミサ曲

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android