連歌と盗人は夜がよい(読み)レンガトヌスビトハヨルガヨイ

デジタル大辞泉の解説

連歌(れんが)と盗人(ぬすびと)は夜がよい

連歌を詠むのは静かで落ち着いた夜がよいことを、盗人を引き合いに出していったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんがとぬすびとはよるがよい【連歌と盗人は夜がよい】

連歌を作るのは静かな夜が適切だということを、盗人の夜仕事にたとえた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れんが【連歌】 と 盗人(ぬすびと)は夜(よる)がよい

連歌をよむのは静かになった夜がよく、盗人が仕事をするのも人が寝しずまった夜ふけに限る。
※集成本狂言・蜘蛛の糸(室町末‐近世初)「又連歌と盗人は、夜がよいと申す事も御座る程に、思立った事で御座る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android