連続犯(読み)レンゾクハン

デジタル大辞泉 「連続犯」の意味・読み・例文・類語

れんぞく‐はん【連続犯】

数個の連続した行為で、同一の罪名に触れるもの。一罪として処罰されたが、昭和22年(1947)廃止

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「連続犯」の意味・読み・例文・類語

れんぞく‐はん【連続犯】

  1. 〘 名詞 〙 連続した数個の行為で同一の罪名に触れるもの。たとえば、犯人が同じ倉庫から商品何回にもわたって盗み出した場合など。刑法の旧規定では、一罪として処罰されたが、昭和二二年(一九四七)の刑法改正で削除され、一般に併合罪として処罰されるようになった。〔新しき用語の泉(1921)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android