同源/同原(読み)ドウゲン

岩石学辞典の解説

同源

共通の母マグマに由来したと信じられる火成岩群を記述する際に用いられる語.同源区(comagmatic province)の中の岩石は,一般に何か通常ではない鉱物組成または化学組成の特性を示している[Washington : 1906, Johannsen : 1931, Daly : 1933].comagmatic regionは岩石区(petrographical provin-ce)と同意義である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐げん【同源】

〘名〙 同一の起源をもつこと。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉二八「惑病は同源(ドウゲン)だの疾患は罪悪だのと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android