逸武者(読み)はやりむしゃ

精選版 日本国語大辞典「逸武者」の解説

はやり‐むしゃ【逸武者】

〘名〙 勇み立っている武士血気にはやる武者。はやり武士。
浄瑠璃・持統天皇歌軍法(1713)三「若もののはやり武者、無二無三に大内へ切入らんは必定

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android