コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無二無三 ムニムサン

2件 の用語解説(無二無三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むに‐むさん【無二無三】

[名・形動]《「むにむざん」とも》
わき目をふらずいちずになること。また、そのさま。ひたすら。「ゴールを目ざし、無二無三に走る」
仏語。法華経に説く、仏となる道はただ一つ一乗であり、二乗、三乗にはないということ。無二亦無三(むにやくむさん)。
ただ一つしかないこと。二つとないこと。唯一。
「東大寺と申すは、一閻浮提(いちえんぶだい)―の梵閣」〈盛衰記・二四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むにむさん【無二無三】

〔「むにむざん」とも。二、三はなく、唯一である意から〕
〘仏〙 〔法華経 方便品〕 仏教には二乗、三乗といった教えの違いはなく、唯一真実の一乗の教えのみがあること。
わき目もふらずに物事を行うこと。がむしゃら。ひたすら。 「 -に突進する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無二無三の関連キーワード残虐残念無雑むざむざ無慚・無惨・無残・無慙残酷残忍信施無慚破戒無慙無残

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無二無三の関連情報