コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無二無三 ムニムサン

デジタル大辞泉の解説

むに‐むさん【無二無三】

[名・形動]《「むにむざん」とも》
わき目をふらずいちずになること。また、そのさま。ひたすら。「ゴールを目ざし、無二無三に走る」
仏語。法華経に説く、仏となる道はただ一つ一乗であり、二乗、三乗にはないということ。無二亦無三(むにやくむさん)。
ただ一つしかないこと。二つとないこと。唯一。
「東大寺と申すは、一閻浮提(いちえんぶだい)―の梵閣」〈盛衰記・二四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むにむさん【無二無三】

〔「むにむざん」とも。二、三はなく、唯一である意から〕
〘仏〙 〔法華経 方便品〕 仏教には二乗、三乗といった教えの違いはなく、唯一真実の一乗の教えのみがあること。
わき目もふらずに物事を行うこと。がむしゃら。ひたすら。 「 -に突進する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無二無三の関連キーワード切り回す・切回す方便品法華経二乗物事教え三乗仏教唯一

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android