血気(読み)けっき

精選版 日本国語大辞典「血気」の解説

けっ‐き【血気】

〘名〙
① 血液と気息。また、それの有るもの、すなわち生きているもの。
※古今著聞集(1254)一五「凡有血気、皆有争心」 〔礼記‐中庸〕
② 生命を維持する活力気力。生き生きとした生命力。また、活力がみなぎっていること。ちのけ。
※家伝(760頃)下「三年正月、叙正四位下。於是儲君始加元服、血気漸壮、師傅之重、其人為善」
※徒然草(1331頃)一七二「若き時は、血気うちにあまり、心、物にうごきて、情欲おほし」 〔論語‐季氏〕
③ (形動) 自分の気力、意気などのあるにまかせた気持や行動。はやる心をおさえきれない様子。むこうみずなさま。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)五「かの義仲は平家を西海に追をとしいきほひたぐひなき名将なりしかども、只血気のみにして仁義をしらず」 〔列子‐天瑞〕
④ 血の気を見ること。また、そのような出来事。流血事。
※百練抄‐建長二年(1250)二月二八日「於院殿上定去年伊勢外宮遷宮時所取落之安宮瑠璃壺事并西宝殿血気事
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「笑みかまけた眸はそのままで〈略〉左側の古藤の血気のいい頬のあたりに落ちた」
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「仏眼者、五祖山演和尚之神足也、珪公稟祖宗之血気

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「血気」の解説

【血気】けつき

元気。〔論語、季氏〕君子三戒り。(わか)き時は血氣未だ定まらず。之れを戒むること色に在り。其の壯なるにびては血氣方(まさ)に剛(つよ)し。之れを戒むることに在り。其の老にびては血氣ふ。之れを戒むること得んとするに在り。

字通「血」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android