コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅効性肥料 ちこうせいひりょう

大辞林 第三版の解説

ちこうせいひりょう【遅効性肥料】

作物に施してから、効果がでるまでに時間のかかる肥料。微生物に分解されて吸収される有機質のものが多い。油粕あぶらかす・骨粉・緑肥など。 → 速効性肥料緩効性肥料

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遅効性肥料
ちこうせいひりょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遅効性肥料の関連キーワードチューリップバラ(薔薇)菜種油かす速効性肥料元肥

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android