油粕(読み)アブラカス

デジタル大辞泉「油粕」の解説

あぶら‐かす【油×粕/油×糟】

大豆アブラナアマなどの種子からをしぼりとった残りのかす。肥料や家畜の飼料用。
(油かす)牛の内臓肉を時間をかけて油で揚げ、小さく切り分けたもの。中が柔らかく、外側がかりっとしていて香ばしい。→かすうどん
[補説]書名別項。→油糟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「油粕」の解説

油粕
あぶらかす

干鰯 (ほしか) と並ぶ江戸時代における金肥の中心
植物の種子から油をしぼった (かす) で,種子の種類によって,ダイズアブラ粕などと呼ぶ。江戸中期から大正時代ごろまで盛んに使われた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「油粕」の解説

油粕【あぶらかす】

油脂に富む植物種子から油をしぼった粕の総称。大豆粕は栄養価に富み,みそ,醤油の原料や飼料にされ,その他,菜種粕,綿実粕など多くの油粕は窒素肥料として利用される。
→関連項目飼料濃厚飼料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android