コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厩肥 きゅうひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厩肥
きゅうひ

家畜の排泄物と敷きわらとの混合物有機質肥料として自給肥料のうちでも重要なもの。元肥として使用されるが,地力を培養し,無公害の作物づくりに役立つ。普通,年間に家畜1頭から生産される腐熟肥量は牛,馬で 9400kg,豚で 1400kg,羊で 1120kg,うさぎで 75kgぐらいである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うまや‐ごえ【×厩肥】

きゅうひ(厩肥)」に同じ。

きゅう‐ひ〔キウ‐〕【×厩肥】

家畜の糞尿(ふんにょう)・敷きわら・草などを混ぜて腐らせた有機質肥料。うまやごえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

厩肥【うまやごえ】

厩肥(きゅうひ)

厩肥【きゅうひ】

〈うまやごえ〉とも読む。家畜の糞尿(ふんにょう),敷わらなどを堆積し腐熟させた肥料。窒素,カリウム,リン酸のほか,各種の植物に必要な成分を含む。堆肥とともに重要な自給肥料で,土壌に腐植質を供給し,肥料養分の保持性を強め,酸性化を防ぐ効果があるので,化学肥料と併用される。
→関連項目金肥

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうひ【厩肥 barnyard manure】

〈うまやごえ〉ともいう。家畜の糞尿や敷わらを堆積して腐熟させたもので,堆肥とともに重要な自給肥料であり,また地力維持のための粗大有機物の供給源ともなっている。家畜の種類や敷わらによって肥料成分の含量は異なるが,平均的には水分75%,窒素0.55%,リン酸0.25%,カリ0.6%程度である。ほかに各種の微量成分を含んでいる。処理法としては,厩肥を畜舎内で数ヵ月も家畜に踏ませながら堆積する方法と,1~2日ごとに敷わらを更新する方法があるが,前者は労力の節減や成分損失の少ない点ではよいが,家畜衛生上の難点がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厩肥
きゅうひ

家畜の糞尿(ふんにょう)や敷き料(藁(わら)、おがくずなど)を堆積(たいせき)腐熟させたもので、家畜の種類や敷き料の違いによって、できる肥料成分の含有量には大きな差がみられる。しかし、稲藁や麦藁などの材料に窒素源を添加後、堆積して得られる堆肥に比べると、肥料成分含有量は一般に高い。おもな肥料成分含有率は、窒素0.07~1.07%(平均0.39%)、リン酸0.03~0.57%(平均0.19%)、カリ0.09~2.22%(平均0.70%)である。
 厩肥を腐熟させるには、水を十分に加えて踏圧し嫌気的に20~30℃で発酵させる低温堆積と、緩く堆積し60~70℃の高温下で発酵させる高温堆積の二つの方式がある。後者は窒素の損失はあるが、病原菌や害虫が死滅する利点がある。近年、畜舎の清浄化と省力化ならびに材料不足から、敷き藁などのかわりにマット床が利用されだしたり、自然流下式糞尿処理の畜舎構造が採用されてきていることなどから、従来の敷き料を混合した厩肥の生産は一部に限られるようになり、糞尿のみの堆積を野外や畑の一部で行う方法がとられている。自然流下式の施設で得られる腐熟して液状化したものを液状厩肥という。これは牧草地の刈り取り後などに散布されている。[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の厩肥の言及

【厩肥】より

…ほかに各種の微量成分を含んでいる。処理法としては,厩肥を畜舎内で数ヵ月も家畜に踏ませながら堆積する方法と,1~2日ごとに敷わらを更新する方法があるが,前者は労力の節減や成分損失の少ない点ではよいが,家畜衛生上の難点がある。厩肥の腐熟過程で発生する熱(60~70℃)により病菌や害虫,雑草種子などを死滅させる。…

【ウシ(牛)】より

…(4) 牛皮は質が緻密(ちみつ)で,強靱であり,良質の皮革として用途は広く,需要がきわめて多い。(5)厩肥(きゆうひ) 1頭で年間8000kgの厩肥が生産され,地力の維持に活用される。しかし近年,都市近郊の多頭飼育経営では,公害源の一つとしてその処理方法が問題となってきている。…

【農業】より

…(4)畜産の発達が著しく不十分で立ち遅れていたことである。第2次大戦後,1950年代ころまでは,大家畜(牛,馬)は主として役畜および厩肥利用のための飼養であり,中小家畜(豚,鶏など)の飼養もあまり進まなかった。それは乳・肉類の消費が少ないという日本人の伝統的な食生活慣行にもよるが,この畜産が本格的に発達してきたのは1950~60年代以降のことである。…

【肥料】より

…焼畑農業のように,自然の土壌の肥沃度に依存して植物を栽培している時代には肥料はあまり必要とされなかったであろうが,ある場所に定着して同じ土地で農耕を営むようになると,土壌がしだいにやせるのを防ぎ,失われる養分を補うために経験的に効果の知られていた物質を肥料として土地に施用することに熱心になったであろう。人・畜の糞尿,山野草,草木灰,動植物遺体,あるいはこれらを腐熟させた堆厩肥(たいきゆうひ)など,自然に得られる資材をいわゆる自給肥料として使用していた。古代ローマ人は前200年から後100年にかけてすでに輪作,石灰施用,厩肥,緑肥についての知識をもっていたといわれている。…

※「厩肥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

厩肥の関連キーワードサイギョウガサ(西行笠)マッシュルーム厩堆肥・廐堆肥踏み肥・踏肥土壌改良資材三紀層土壌厩肥・廐肥カリ肥料混合農業清浄栽培畜産公害醸熱材料土壌改良天然肥料販売肥料有畜農業木曽馬シラス畑土壌牛馬耕

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android