コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅発性筋肉痛 チハツセイキンニクツウ

デジタル大辞泉の解説

ちはつせい‐きんにくつう【遅発性筋肉痛】

運動後、数時間から数日経過して発生し、1週間程度で消失する筋肉の痛み。痛みが起こる機序は解明されていないが、運動によって筋線維に生じた微細な損傷を修復する過程で起こる炎症反応が原因とする説が有力。DOMS(delayed onset muscle soreness)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android