炎症反応(読み)エンショウハンノウ

デジタル大辞泉の解説

えんしょう‐はんのう〔エンシヤウハンオウ〕【炎症反応】

体内に細菌ウイルスなどの異物が入ったときに生じる、生体防御反応免疫応答によって異物を排除し、侵襲を受けた細胞を分解したり、元通りにしたりする。これら一連の反応にともなって、発熱疼痛(とうつう)などが引き起こされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炎症反応
えんしょうはんのう

生体が損傷を受けたときに、生体組織を防御しようとして起こる免疫反応をさし、全身の組織や臓器でおこるが、炎症反応の状態は反応部位によって異なる。

[編集部 2017年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例