遊吟(読み)ユウギン

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐ぎん〔イウ‐〕【遊吟】

[名](スル)散策しながら詩歌を作ったり、吟じたりすること。「漢詩を遊吟する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうぎん【遊吟】

スル
散策しつつ、詩歌を作り、また吟ずること。吟行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐ぎん イウ‥【遊吟】

〘名〙 そぞろ歩きをしながら詩、俳句などをよむこと。詩、俳句などを作りながら諸所を歩き回ること。吟行
※俳諧・猿蓑(1691)三「八瀬(やせ)おはらに遊吟して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android