吟行(読み)ギンコウ

  • ぎんこう ‥カウ
  • ぎんこう〔カウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
詩歌を吟詠しながら歩くこと。
和歌や俳句の題材を求めて、名所・旧跡などに出かけること。「仲間と春山を吟行する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 詩歌を吟じながら歩くこと。
※翰林葫蘆集(1518頃)五・便面「秋色霏霏巧画成 野辺出寺独吟行」 〔牟融‐訪請上人詩〕
② 詩歌・俳句をつくるために、景色のよい所や名所旧跡などに出かけて行くこと。
※中華若木詩抄(1520頃)下「短日に寒村を布衣にて、吟行するぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吟行の関連情報