コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動時花崗岩 うんどうじかこうがんsynkinematic granite

岩石学辞典の解説

運動時花崗岩

フィンランドの四つのマグマ構造型の一つで,エスコラが提案したもの[Eskola : 1932].この種の花崗岩は構造に整合的で,非常に動きやすい母岩に貫入しており,一般に花崗閃緑岩質.造山運動の行われている時期に貫入した花崗岩.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

運動時花崗岩の関連キーワードフィンランド

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android