コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動論的分化作用 うんどうろんてきぶんかさようkinematic differentiation

岩石学辞典の解説

運動論的分化作用

マグマの分化作用で,その移動の間に,異なった組成または組織の縞やシュリーレンの形で物質が分離し抜き取られて形成されたもの[Kropotokin : 1953].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android