コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運命の力

デジタル大辞泉プラスの解説

運命の力

イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのイタリア語による全4幕のオペラ(1862)。原題《La forza del destino》。序曲が有名で単独で演奏されることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

うんめいのちから【運命の力】

《原題、〈イタリア〉La Forza del Destinoベルディのイタリア語によるオペラ。全4幕。1862年初演。のち1869年に改訂。序曲が有名で単独で演奏されることが多い。侯爵の美しい娘レオノーラとインカの血を引く若者アルバーロの恋をめぐって引き起こされる悲劇を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

運命の力の関連キーワード武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)エットーレ バスティアニーニアントニエッタ ステラレナード ウォーレンジェームズ レバイン劇的アイロニースペイン演劇チコニーニ城 須美子きづた君主論運命劇静劇

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運命の力の関連情報