コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運弓法 うんきゅうほうbowing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運弓法
うんきゅうほう
bowing

弦楽器の弓の使い方弦楽器における音量,音質の変化,感情の表現は運弓の働きによる。それゆえ,運指法と同様弦楽器演奏上重要である。運弓には下弓 (腕を左から右へ動かす) と上弓 (腕を右から左へ動かす) との別があり,一般に前者は強拍に,後者は弱拍に用いられる。さらに弓の使用部分と使用方法によって,さまざまな表現ができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うんきゅうほう【運弓法】

バイオリンやチェロなどの弦楽器を奏する際の弓を用いる技法。ボーイング。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の運弓法の言及

【ボーイング】より

…バイオリンやチェロなどの擦弦楽器における弓の扱い方。運弓法ともいう。ボーイングは音の長さ,根本的性格,ダイナミックス,他の音との結合のしかたを決定し,さらに感情を表現することができる。…

※「運弓法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報