コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運賃同盟 うんちんどうめい freight conference

1件 の用語解説(運賃同盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運賃同盟
うんちんどうめい
freight conference

普通,国際定期航路の船主が結成している海運同盟組織と同意語として使われる。すべての国際海運協定には運賃協定が加盟者間に結ばれており,加盟者間の協議によって運賃の決定や変更が行われるからである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の運賃同盟の言及

【海運同盟】より

… 海運同盟は,同盟内部の加盟船社相互の競争を抑制するとともに,同盟外部(盟外船主=アウトサイダー)からの競争をも阻止することを目的として,非価格競争を内部に秘めて緩く組織化された自主規制団体である。別に,定期船同盟あるいは運賃同盟とも呼ばれる。国際航路では1875年8月にイギリス~インド航路に結成されたカルカッタ同盟が世界最初のものといわれているが,その後定期船市場の発達とともに世界のあらゆる定期航路に広まっている。…

※「運賃同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

運賃同盟の関連キーワード定期航空定期航路不定期航空船主盟外船自由航路定期航空路南米航路国際定期航空不定期航路

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運賃同盟の関連情報