船主(読み)ふなぬし

世界大百科事典 第2版の解説

せんしゅ【船主】

船舶所有者の略称。広義では船舶の所有権を有する者をいうが,狭義では,船舶を所有し,かつそれを商行為(たとえば運送営業など。商法502条参照)をなす目的をもって航海の用に供する者をいう(684条参照)。船主という語は,漁船の船主とか,外洋ヨットの船主などとも用いられるが,通常は,主として商法上の規整対象である海上企業者としての狭義の船主を指す場合が多い。船舶を所有する形態は,個々の船主がそれぞれ単独で所有する場合もあれば,複数で共有(船舶共有)する場合もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんしゅ【船主】

船舶の所有者。ふなぬし。

ふなぬし【船主】

船の所有者。せんしゅ。
船長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船主の関連情報