過去生生(読み)かこしょうじょう

  • かこしょうじょう クヮコシャウジャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 過去世において、繰り返し生まれては死に、死んでは生まれ、流転輪廻(るてんりんね)のきわまりないこと。
※海道記(1223頃)極楽西方に非ず「上界天人の快楽も心にくからず、過去生々に何度か受たる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android