コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道中差(し) ドウチュウザシ

デジタル大辞泉の解説

どうちゅう‐ざし〔ダウチユウ‐〕【道中差(し)】

江戸時代、町人などが旅をするときに腰に差した、護身用の短い刀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の道中差(し)の言及

【脇指】より

…一般に脇指は鎬造(しのぎづくり),平造(ひらづくり)が多い。江戸時代には町人の道中用の護身刀(道中差(どうちゆうざし))としても用いられた。日本刀【原田 一敏】。…

※「道中差(し)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

道中差(し)の関連キーワード脇差・脇指江戸時代旅刀旅差脇差