コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井伏鱒二 いぶせ ますじ

百科事典マイペディアの解説

井伏鱒二【いぶせますじ】

小説家。本名満寿二。広島県生れ。早大仏文科中退。1929年《山椒魚》その他で文壇に登場。以後独特のユーモアとペーソスをたたえた風格のある作品を第2次大戦前,戦後にわたって書き続けた。
→関連項目今村昌平臼井吉見新興芸術派太宰治田中好子ドリトル先生物語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井伏鱒二 いぶせ-ますじ

1898-1993 昭和時代の小説家。
明治31年2月15日生まれ。昭和4年の「山椒魚(さんしょううお)」などで文壇にみとめられ,13年「ジョン万次郎漂流記」で直木賞。ユーモアとペーソスをにじませる独自の文学を形成。41年「黒い雨」で野間文芸賞。同年文化勲章。平成5年7月10日死去。95歳。広島県出身。早大中退。本名は満寿二(ますじ)。作品はほかに「本日休診」「漂民宇三郎」「荻窪風土記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いぶせますじ【井伏鱒二】

1898‐1993(明治31‐平成5)
小説家。広島県生れ。本名満寿二。早稲田大学仏文科中退。ながい同人誌習作時代を経て,1929年《山椒魚》その他で文壇に登場し,翌年には創作集《夜ふけと梅の花》を刊行。ユーモアとペーソスを含んだ独特の作風で作家としての地位を確立した。その後《ジョン万次郎漂流記》(1937)で直木賞を受賞,38年には歴史小説の佳作《さざなみ軍記》を完成した。駐在巡査の日誌の形をかりた《多甚古村》(1939)は多くの読者に迎えられたが,《川》(1932),《集金旅行》(1937)以来の挿話と挿話をつなぐ連作的スタイルは,この作家の特徴となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いぶせますじ【井伏鱒二】

1898~1993) 小説家。広島県生まれ。本名、満寿二。早大中退。独特のユーモアと柔軟な精神をもって、庶民の日常生活を描く。作品「山椒魚」「遥拝隊長」「本日休診」「黒い雨」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井伏鱒二
いぶせますじ

[生]1898.2.15. 広島,加茂
[没]1993.7.10. 東京
小説家。本名,満寿二。早稲田大学英文科,日本美術学校をともに中退。早大で同級の親友青木南八の急死を動機に『鯉』 (1926) を書いた。肥大して岩屋に幽閉された山椒魚の狼狽と悲哀をユーモアをたたえた文体で描く象徴的短編『山椒魚』 (29) ,傷ついた雁を愛し,月夜に別れるまでを抒情的に描いた『屋根の上のサワン』 (29) で文壇に認められた。独特の文体,ユーモア,微笑,悲しみ,はにかみは身についたもので,随筆に小説に,きめの細かいあたたかい観察者として愛された。「ドリトル先生もの」など児童文学の翻訳もある。第2次世界大戦後,戦争の傷のいつまでも癒えぬ旧士官を描いた『遙拝隊長』 (50) ,休診日を無視して来院する庶民の哀歓を老医の視点から描き第1回読売文学賞を得た『本日休診』 (49~50) などで人間愛への独自の境地を深め,その作風は,広島における原爆被災の悲劇を日常生活の場で淡々と描いた『黒い雨』 (65~66) に一つの到達点を示している。ほかに直木賞を受けた『ジョン万次郎漂流記』 (37) や『多甚古村』 (39) ,日本芸術院賞を受けた『漂民宇三郎』 (54~55) などがある。作品に推敲を重ねることで知られるが,1986年,『山椒魚』の末尾の一部を削除し,大きな話題となった。 1960年芸術院会員。 66年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井伏鱒二
いぶせますじ
(1898―1993)

小説家。本名満寿二(ますじ)。明治31年2月15日、広島県深安郡加茂村(現福山市)に地主の次男として生まれた。幼時に父に死別、祖父に愛されて育った。福山中学校を経て、1919年(大正8)に早稲田(わせだ)大学予科に入り、仏文科に進学したが、結局卒業しなかった。中学校卒業後は画家を志したこともあり、一時、日本美術学校にも籍を置いた。大学時代には岩野泡鳴(ほうめい)を訪ね、また、同級生青木南八に親しんで、習作に努めている。大学を辞めてからは、同人雑誌を転々としたり、出版社に勤めたりして、長く苦難の文学修業時代をもち、1928年(昭和3)に『鯉(こい)』を『三田文学』に、翌年『山椒魚(さんしょううお)』を『文芸都市』に発表したころから(両作品とも既発表作を改稿したもの)ようやく文壇に認められた。のち新興芸術派の一員に数えられ、30年に『夜ふけと梅の花』(新興芸術派叢書(そうしょ))、『なつかしき現実』(新鋭文学叢書)の両創作集を相次いで出して、文壇的地位を確立した。その後、中・長編にも手を染め、『川』(1931~32)、『ジヨン万次郎漂流記』(1937。直木賞受賞)、『さざなみ軍記』(1931~38)、『多甚古村(たじんこむら)』(1939)などを書いて、作家としての成熟をみせた。戦時の41年には陸軍徴用員としてシンガポールに派遣され、翌年帰国、44年から45年にかけて、まず甲府へ、ついで郷里加茂村に疎開した。戦後、旺盛(おうせい)な創作活動を復活させ、46年(昭和21)の『二つの話』『佗助(わびすけ)』をはじめとして『遙拝(ようはい)隊長』(1950)に至る戦時批判小説のほか、『引越やつれ』(1948)、『本日休診』(1949~50)などの風俗物にも健筆を振るった。長編では、『漂民宇三郎』(1954~55)、『珍品堂主人』(1959)などを経て、原爆を扱った大作『黒い雨』(1965~66)の高みに達した。井伏文学は、早くから老成した風格があり、その冷徹な目を和らげるユーモアに独特の味がある。素材的に、在所物、都会物、歴史物の三つに分けることができるが、すべてを通じて、彼が徹底して見つめていたのは、日本の庶民の哀歓であり、庶民の生活を破壊するような力――戦争、軍隊などには、厳しい怒りを現した。旅と釣りを愛し、絵、将棋、酒をたしなみ、随筆集も数多く、詩集も1冊ある。66年、文化勲章受章。日本芸術院会員。[磯貝英夫]
『『井伏鱒二全集』全14巻(1964~75・筑摩書房) ▽松本鶴雄著『井伏鱒二論』(1978・冬樹社) ▽大越嘉七著『井伏鱒二の文学』(1980・法政大学出版局) ▽涌田佑著『私注・井伏鱒二』(1981・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の井伏鱒二の言及

【黒い雨】より

井伏鱒二の長編小説。1965‐66年《新潮》に連載,加筆訂正のうえ新潮社から刊行。…

※「井伏鱒二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井伏鱒二の関連キーワードドリトル先生と月からの使いドリトル先生アフリカゆき新興芸術派・新興藝術派A.V. リーマンジョン萬次郎漂流記作品(文芸雑誌)秀子の車掌さんオシツオサレツふくやま文学館石版東京図絵和木 清三郎和木清三郎田中貢太郎珍品堂主人閑間重松昭和時代三浦哲郎中村地平神谷バー牧野信一

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井伏鱒二の関連情報