道路網(読み)どうろもう

精選版 日本国語大辞典「道路網」の解説

どうろ‐もう ダウロマウ【道路網】

〘名〙 網の目のように通じている道路
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉序曲「その範囲を兎に角現在から一つの制統あるものたらしむべく地域制を布き道路網が計画されてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の道路網の言及

【道路】より

… アメリカでは1920年のパークウェー,37年のペンシルベニア・ターンパイクの着工を皮切りに,有料道路建設時代にはいった。56年にはインターステート・ハイウェー万1000マイル(6万5600km)の建設が定められ,また燃料税等を財源とする連邦道路信託基金が設立され,壮大な道路網が形成された。イギリスは1907年に世界最初の道路基金をつくり,道路の舗装率100%という道路先進国ぶりを誇ったが,高速道路は遅れて57年から整備を進めた。…

※「道路網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android