遠州蔵帳(読み)えんしゅうくらちょう

世界大百科事典 第2版の解説

えんしゅうくらちょう【遠州蔵帳】

小堀遠州が所持した道具を列挙した什物(じゆうもつ)帳の通称。《遠州遺物帳》《遠州御蔵元帳》などの名でも流布している。また蔵帳とはいいながら遠州が所持した道具ばかりでなく,見聞したものも記されており,遠州以後2代・3代にわたって書き加えられたものが伝来したものである。1938年に《遠州蔵帳図鑑》が出版されたほか,77年の《茶道古美術蔵帳集成》に〈遠州蔵帳〉として3本の流布本が所載されている。【筒井 紘一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android