什物(読み)じゅうもつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「什物」の解説

什物
じゅうもつ

仏教教団が所有している日用品の種々の器具、生活必需品。元来はは十、聚(じゅ)と同義で、雑物の意。日用品は十を単位として数えるほど多く、雑多であることからいう。中国宋(そう)代以後に、おもに禅宗寺院で、修行生活に必要な公用物、仏具法器(ぶつぐほうき)類をさして用いられた。日本では古くは『元興寺伽藍縁起并流記資財帳(がんごうじがらんえんぎならびにるきしざいちょう)』のように、寺院所有の器物を資財とよんだが、のちには什物あるいは什器とよぶのが一般的になった。また寺院秘蔵の宝物類も什宝とよばれるようになった。

[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「什物」の解説

じゅう‐もつ ジフ‥【什物】

〘名〙
① 日常用いる器具。道具。じゅうぶつ。
史記抄(1477)三「校割なんどに什物と云も其心ぞ」 〔無量寿経‐下〕
② 代々伝わった宝。秘蔵の宝物。
※雑談集(1305)三「(わづか)なる什物(ジフもつ)其数不知」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android