コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠物見 トオモノミ

デジタル大辞泉の解説

とお‐ものみ〔とほ‐〕【遠物見】

武家時代の戦いで、敵の動静を探るために遠くまで出かけたこと。また、その役目の者。遠見(とおみ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とおものみ【遠物見】

味方の陣地を離れて敵情を探りに出ること。また、その者。斥候。遠目付。遠目。遠見。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遠物見の関連キーワード武家時代探り陣地敵情斥候遠目

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android