選択的デフォルト(読み)せんたくてきでふぉると(英語表記)Selective Default

知恵蔵miniの解説

選択的デフォルト

債務者が一部の債務を履行していない際に、米国大手格付け会社「スタンダード&プアーズ」がその債務者に適用する、格付け(信用度)のこと。「選択的債務不履行」ともいい「SD」と表記される。全債務を不履行した場合は「デフォルト」であり(同社では「D」と表記)、SDは下から2番目の格付けとなる。同様の状態を、格付け機関「フィッチ・レーティングス」では「一部デフォルト(RD)」と表記するなど、名称や区分けは格付け機関により違う。過去に日本では、日本航空(JAL)や武富士などが選択的デフォルトを適用された。近年では、2012年にギリシャが、13年にキプロスが、一時的にSDに格付けされている。14年7月末には、アルゼンチンが5億3900万ドルの再編債務の利払い猶予期限を過ぎたことを受け、同国の国債格付けをSDに引き下げた。

(2014-8-1)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android