遺伝性脊髄性運動失調症(読み)いでんせいせきずいせいうんどうしっちょうしょう(英語表記)hereditary spinal ataxia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺伝性脊髄性運動失調症
いでんせいせきずいせいうんどうしっちょうしょう
hereditary spinal ataxia

フリードライヒ病または失調症ともいう。ドイツの内科医 N.フリードライヒ (1825~82) が記載した,運動失調を主症状とする遺伝性の脊髄の病気。進行性で,10歳頃までに歩行の異常で始る。よろめきとぎこちなさが現れ,足に次いで腕の運動失調が起り,さらに話し方の乱れが起る。経過は常に進行的で,やがて飲食も自分でできなくなり,発病から 20年以内に死亡することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android