コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼餉 りょうしょう liao-xiang; liao-hsiang

1件 の用語解説(遼餉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遼餉
りょうしょう
liao-xiang; liao-hsiang

中国,明末の臨時付加税の一つ。遼東方面の軍事費という意味である。万暦 44 (1616) 年満州でヌルハチ (奴児哈赤) が後金国を建て,遼東に勢力を伸ばすと,明ではその防衛のために巨額の軍事費を必要とするにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遼餉の言及

【万暦帝】より

…このころ,東北ではヌルハチが満州族を統一し,1618年遼東の要地撫順城を奪うにいたった。明朝は戦費をまかなうため,遼餉(りようしよう)の名で租税の増徴を行ったので,農民の負担は急増し,とりわけ華北で彼らの窮乏化が顕著となった。帝の最晩年,中央政府内部では,皇太子の選定問題を契機に東林派と非東林派の官僚のあいだで激しい党争が展開され,明朝は一貫した政治方針を打ち出す力を失っていった。…

※「遼餉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遼餉の関連キーワード青苗銭付加税・附加税遼東賀茂の臨時の祭高掛り物付加税本税釐金税国税付加税府県税付加税

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone