コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那波屋十右衛門 なばや じゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那波屋十右衛門 なばや-じゅうえもん

?-? 江戸時代前期の豪商。
京都の那波家に生まれ,兄の初代九郎左衛門と財産を分けて相続し,醍醐(だいご)三宝院の金銀御用達(ごようたし)をつとめた。兄弟ともおごりたかぶった振る舞いの罰として,京都所司代板倉重矩(しげのり)(在職1668-70)から宇治橋の架け替えを命じられた。名は祐竹。号は正斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

那波屋十右衛門の関連キーワード豪商

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android