コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治橋 ウジバシ

3件 の用語解説(宇治橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うじ‐ばし〔うぢ‐〕【宇治橋】

京都府宇治市、宇治川に架かる橋。平等院の近くにある。
三重県伊勢市の五十鈴川に架かる橋。皇大神宮への参道。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

宇治橋【うじばし】

京都府宇治市を流れる宇治川に架かる橋。流路の変化などにより架設位置は同じではないが,現在の宇治橋あたりに7世紀中葉に架橋されたのが最初。《日本書紀》(天武天皇元年5月条),《続日本紀》(文武天皇4年3月10日条)や《日本霊異記》《帝王編年記》に関係記事があり,1791年橋畔の橋寺放生(はしでらほうじょう)院で造橋碑の断片が発見されている。
→関連項目宇治

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うじばし【宇治橋】

京都府宇治市にあって宇治川に架かる橋。橋姫の伝説がある。⦅歌枕⦆
三重県伊勢市の五十鈴いすず川に架かって、伊勢神宮内宮の表参道に通じる橋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の宇治橋の言及

【道登】より

…高句麗に留学した経験を持ち,元興寺(飛鳥寺)に住したとみられる。宇治橋碑によると,646年,人畜をすくうため,山背の宇治橋を架けたという。ただ同碑の造立年代には異説もあり,《続日本紀》に宇治橋は道昭の造立としていることもあって,問題が残る。…

※「宇治橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇治橋の関連情報