寛治(読み)かんじ

日本の元号がわかる事典「寛治」の解説

かんじ【寛治】

日本の元号年号)。平安時代の1087年から1094年まで、堀河(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は応徳(おうとく)。次元号は嘉保(かほう)。1087年(応徳4)4月7日改元。堀河天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。8歳の堀河の即位とともに、外祖父である藤原師実(もろざね)が摂政に就任したが、全権は院政を敷いた白河上皇が掌握した。院政による朝廷の二元政治の始まりである。1087年(寛治1)、源義家(よしいえ)は、奥州の清原家衡らを討ち取り、後三年の役が終息した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「寛治」の解説

かんじ クヮンヂ【寛治】

平安後期、堀河天皇の代の年号。応徳四年(一〇八七)四月七日代始により改元。寛治八年(一〇九四)一二月一五日嘉保(かほう)と改元。白河上皇の院政、摂政関白藤原師実の時代。出典は「礼記」の「湯以寛治民、而除其虐、文王以文治、武王以武功」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android