内親王(読み)ないしんのう

大辞林 第三版の解説

ないしんのう【内親王】

律令制で、天皇の姉妹・皇女。うちのみこ。うちのひめみこ。
皇室典範では、嫡出の皇女および嫡男系嫡出の皇孫である女子。
▽⇔ 親王

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内親王
ないしんのう

(りょう)制では天皇の姉妹・皇女をいう。明治の皇室典範(てんぱん)では皇女より皇玄孫である女子までを内親王と定めたが、現制では嫡系の皇孫である女子までに限られた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ない‐しんのう ‥シンワウ【内親王】

〘名〙
① 令制で、天皇の姉妹および皇女。うちのみこ。
※続日本紀‐大宝元年(701)七月壬辰「皇大妃、内親王、及女王、嬪封各有差」
② 明治以降、皇室典範で、嫡出の皇女および嫡男系嫡出の皇孫である女子。
※皇室典範(明治二二年)(1889)三一条「皇子より皇玄孫に至るまでは男を親王女を内親王とし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内親王の言及

【公主】より

…中国で皇帝の女子をいう。日本の内親王に当たる。帝の姉妹を長公主,帝のおばを大長公主とよび,公主の夫は駙馬と称する。…

【皇族】より

… 皇族の範囲は,大宝令で初めて法定された。すなわち中国の制に倣って,皇兄弟姉妹および皇子・皇女を親王とし,皇孫・皇曾孫・皇玄孫をとし,皇玄孫の子たる五世王は,王名を称することはできるが,皇親の範囲に入らないと定め,女子については内親王・女王の称も用いた。また二,三,四世王を親王に対して諸王と総称した。…

【親王】より

…親王の語は,《日本書紀》天武4年(675)にはじめて見えるが,親王の称が制度的に定められるのは,大宝令においてであると考えられる。すなわち,天皇の兄弟および皇子を親王と称し,また女は内親王と称することが規定された。親王には一品から四品までの品位が授けられ,品位に応じて太政大臣,左右大臣,大納言,大宰帥,八省卿などの官職に任ぜられ,また品田・品封を給され,文学および家令以下のいわゆる家司が付属することとなった。…

※「内親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内親王の関連情報