コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郁芳門院 いくほうもんいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郁芳門院
いくほうもんいん

[生]承保3(1076).4.5. 京都
[没]永長1(1096).8.7. 京都
白河天皇第1皇女。名はてい子,母は贈皇太后藤原賢子承暦2 (1078) 年准三宮,次いで伊勢斎宮となった。応徳1 (84) 年母賢子の喪により斎宮退下。寛治5 (91) 年堀河天皇准母の儀により立后し,皇后尊称。同7年院号宣下。陵墓は京都市伏見区醍醐の上醍醐陵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

郁芳門院【いくほうもんいん】

白河天皇の第1皇女。【てい】子(ていし)内親王,六条院とも称される。母は中宮賢子。1078年伊勢斎宮となるが,1084年母の喪により斎宮を退き帰京六条殿居所とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郁芳門院 いくほうもんいん

1076-1096 平安時代後期,白河天皇の第1皇女。
承保(じょうほう)3年4月5日生まれ。母は藤原賢子(けんし)。応徳元年(1084)母の死で伊勢斎宮(さいぐう)をしりぞき,京都の六条院にすむ。寛治(かんじ)5年(1091)弟堀河天皇の准母として立后し,中宮。天皇の妻以外ではじめて后位につく。7年院号をうける。歌合わせをおおく主催した。嘉保(かほう)3年8月7日死去。21歳。名は媞子(ていし)。通称は六条院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いくほうもんいん【郁芳門院】

1076‐96(承保3‐永長1)
平安後期の皇后。媞子(ていし)内親王,六条院とも称す。白河天皇の第1皇女,母は源顕房の女で藤原師実の養女となった中宮賢子。承保3年4月誕生。同年8月に内親王となり,78年(承暦2)准三宮に,ついで伊勢斎宮になるが,84年(応徳1)母賢子の喪によって斎宮を退下して帰京,六条殿に住したため六条院と称せられる。91年(寛治5)同母弟の堀河天皇の准母として立后し,中宮となる。ここに妻后でなくして后位に登る例が開かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いくほうもんいん【郁芳門院】

1076~1096) 白河天皇の皇女。名は媞子。伊勢斎宮となったが、母の喪で退く。1091年、堀河天皇准母として立后。93年院号宣下。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郁芳門院
いくほうもんいん
(1076―1096)

白河(しらかわ)天皇の第1皇女。諱(いみな)(ていし)。母は源顕房(あきふさ)の女(むすめ)で藤原師実(もろざね)の養女となった賢子(けんし)。居所にちなみ六条院とも称される。1078年(承暦2)伊勢斎宮(いせさいくう)に定められたが、1084年(応徳1)母の死により退く。1091年(寛治5)に堀河(ほりかわ)天皇の准母(じゅんぼ)として中宮(ちゅうぐう)となって天皇の妻でないのに后位につく例を開き、1093年(寛治7)院号宣下(せんげ)を受け、郁芳門院と称した。父白河上皇の寵愛(ちょうあい)深く「天下の盛権只(ただ)(こ)の人に在(あ)り」とさえいわれ、その崩御の翌々日に上皇は出家した。醍醐(だいご)円光院に葬ったので、墓所は上醍醐陵(かみのだいごのみささぎ)といわれる。[福井俊彦]
『竜肅著『平安時代』(1962・春秋社) ▽河野房雄著『平安末期政治史研究』(1979・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

郁芳門院 (いくほうもんいん)

生年月日:1076年4月5日
平安時代後期の女性。白河天皇の第1皇女
1096年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の郁芳門院の言及

【女院】より

…かくして女院は後宮における地位の一つとみなされることになったが,二条院は天皇の生母ではなかったのが注意される。第5例の皇后媞子内親王が1093年(寛治7)1月に郁芳門院号を宣下されたのも,堀河天皇の女御篤子内親王の立后のためであった。なお郁芳門院は堀河天皇の准母であるが,従来の例とは異なり非妻后の皇后である。…

※「郁芳門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郁芳門院の関連キーワード藤原宗子(1)待賢門院安芸郁芳門院安芸媞子内親王洛陽田楽記院宮分国生年月日福井俊彦周防内侍万寿寺管見記じゅん平正盛源俊頼大弐

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android