嘉保(読み)かほう

日本の元号がわかる事典「嘉保」の解説

かほう【嘉保】

日本の元号年号)。平安時代の1094年から1096年まで、堀河(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は寛治(かんじ)。次元号は永長(えいちょう)。1094年(寛治8)12月15日改元天然痘(てんねんとう)流行の凶事を断ち切るために行われた。『史記(しき)』を出典とする命名

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「嘉保」の解説

かほう【嘉保】

平安後期、堀河天皇の代の年号。寛治八年(一〇九四)一二月一五日疱瘡(ほうそう)流行により改元。嘉保三年(一〇九六)一二月一七日永長(えいちょう)と改元。白河上皇院政、関白藤原師通の時代。出典は「史記」の「嘉保大平」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android