コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郎女 イラツメ

デジタル大辞泉の解説

いら‐つ‐め【郎女】

上代、若い女性を親しんで呼んだ語。いらつひめ。⇔郎子(いらつこ)
「水歯(みづは)の―、五百野皇女(いほののひめみこ)を生み」〈景行紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いらつめ【郎女】

上代、若い女子を親しんでいう称。 ⇔ いらつこ 「播磨の稲日の大-を立て、皇后と為す/日本書紀 景行訓注

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

郎女の関連キーワード穴穂部間人皇女藤原琴節郎女淡路御原皇女天寿国曼荼羅大伴坂上郎女軽皇子・軽王県犬養娘子天寿国繍帳軽大娘皇女弟媛(2)迦具漏比売位奈部橘王手白香皇女老女子夫人椋部秦久麻安曇外命婦漢奴加己利彦人大兄巨勢郎女大伴郎女

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郎女の関連情報