郎女(読み)イラツメ

大辞林 第三版の解説

いらつめ【郎女】

上代、若い女子を親しんでいう称。 ⇔ いらつこ 「播磨の稲日の大-を立て、皇后と為す/日本書紀 景行訓注

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郎女の関連情報