コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ロウ

3件 の用語解説(郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろう〔ラウ〕【郎】

[名]
男子。特に、年若い男子。若者。
女性から夫、または情夫をさしていう語。郎君。
「妾(わたし)は時々に呼吸器となって、―が浮気なる口元を塞がん」〈逍遥当世書生気質
中国の官名。侍郎・尚書郎などの総称。
[接尾]数を表す語、またはそれに準じる語に付く。
一族あるいは一家の中で、男の子の生まれた順序に従い、男子の名前をつくる。「一」「次
男女の別なく、子供の生まれた順序を示す語として用いる。
「男子二人、女子一人をもてり。太―は質朴(すなほ)にてよく生産(なりはひ)を治む、二―の女子は大和の人の妻問ひに迎へられて」〈読・雨月・蛇性の婬〉

ろう【郎】[漢字項目]

常用漢字] [音]ロウ(ラウ)(呉)(漢) [訓]おとこ おのこ
中国の官名。「侍郎・尚書郎」
妻や恋人が夫や男を呼ぶ称。また、広く男子。「郎君新郎太郎野郎白面郎遊冶郎(ゆうやろう)
家来。召使い。「郎従郎党下郎
[名のり]お
[難読]郎子(いらつこ)郎女(いらつめ)女郎花(おみなえし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ろう【郎】

[1] ( 名 )
男子。特に、年若い男子。 「初陣の-ある家の牡丹かな/続春夏秋冬 碧梧桐
女性から夫、または情夫をさしていう語。 「 -が来れば夜の短きを苦み、-が往けば宵の長きを苦む/南郭先生文集」
中国の官名。侍郎・尚書郎などの総称。
( 接尾 )
男子の名前に付ける言葉。一族・一家の中で男の生まれた順序に従って付ける。 「太-、次-、三-」
助数詞。男女の別なく、子供の生まれた順序を表すのに用いる。 「男子二人、女子一人をもてり。太-は質朴すなおによく生産なりわいを治む、二-の女子は大和の人のつまどひに迎へられて彼所かしこに行く、三-の豊雄なるものあり/読本・雨月 蛇性の婬

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郎の関連キーワード好男子小男小僧っ子壮丁男子年若美男若い衆陽道若子

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

郎の関連情報