(読み)ろう

精選版 日本国語大辞典「郎」の解説

ろう ラウ【郎】

[1] 〘名〙
① 男子。特に、年若い男子。
※日本一鑑窮河話海(1565‐66頃)五「郎、剌烏(ラウ)、易茲剌課(イラツコ)
※俳諧・本朝文選(1706)六・誄類、去来誄〈許六〉「此郎は、向井氏玄勝老人の末の子に生れて」 〔書‐佞幸伝・鄧通〕
② 女性から夫、または、情夫をさしていう語。
※南郭先生文集‐初編(1727)一・四時子夜歌八首「郎来苦夜短、郎往苦宵長」 〔孫綽‐情人碧玉歌〕
③ 中国の官の名。侍郎、員外郎、尚書郎などの総称
李陵(1943)〈中島敦〉二「彼は吉報使者として嘉(よみ)せられ、郎となって」 〔班固‐答賓戯序〕
[2] 〘接
一族あるいは一家の中での男子の生まれた順序に従い、数字あるいはそれに準ずる語に付いて、その男子の名を作る。「太郎」「次郎」「三郎」など。
※伊勢物語(10C前)六「たらう国経の大納言」 〔霍小玉伝
② 数字、また、それに準ずる語に付いて、男女の別なく子どもの生まれた順を表わすのに用いる。
※読本・雨月物語(1776)蛇性の婬「男子二人、女子一人をもてり。太郎は質朴(すなほ)にてよく生産を治む、二郎の女子は大和の人の(つまどひ)られて、彼所(かしこ)にゆく、三郎の豊雄なるものあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「郎」の解説

ろう〔ラウ〕【郎】

[名]
男子。特に、年若い男子。若者。
女性から夫、または情夫をさしていう語。郎君。
わたしは時々に呼吸器となって、—が浮気なる口元を塞がん」〈逍遥当世書生気質
中国の官名。侍郎・尚書郎などの総称。
[接尾]数を表す語、またはそれに準じる語に付く。
一族あるいは一家の中で、男の子の生まれた順序に従い、男子の名前をつくる。「一」「次
男女の別なく、子供の生まれた順序を示す語として用いる。
「男子二人、女子一人をもてり。太—は質朴すなほにてよく生産なりはひを治む、二—の女子は大和の人の妻問ひに迎へられて」〈読・雨月・蛇性の婬〉

ろう【郎】[漢字項目]

常用漢字] [音]ロウラウ)()(漢) []おとこ おのこ
中国の官名。「侍郎・尚書郎」
妻や恋人が夫や男を呼ぶ称。また、広く男子。「郎君新郎太郎野郎白面郎遊冶郎ゆうやろう
家来召使い。「郎従郎党下郎
[名のり]お
[難読]郎子いらつこ郎女いらつめ女郎花おみなえし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android