コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウ

デジタル大辞泉の解説

ろう〔ラウ〕【郎】

[名]
男子。特に、年若い男子。若者。
女性から夫、または情夫をさしていう語。郎君。
「妾(わたし)は時々に呼吸器となって、―が浮気なる口元を塞がん」〈逍遥当世書生気質
中国の官名。侍郎・尚書郎などの総称。
[接尾]数を表す語、またはそれに準じる語に付く。
一族あるいは一家の中で、男の子の生まれた順序に従い、男子の名前をつくる。「一」「次
男女の別なく、子供の生まれた順序を示す語として用いる。
「男子二人、女子一人をもてり。太―は質朴(すなほ)にてよく生産(なりはひ)を治む、二―の女子は大和の人の妻問ひに迎へられて」〈読・雨月・蛇性の婬〉

ろう【郎】[漢字項目]

常用漢字] [音]ロウ(ラウ)(呉)(漢) [訓]おとこ おのこ
中国の官名。「侍郎・尚書郎」
妻や恋人が夫や男を呼ぶ称。また、広く男子。「郎君新郎太郎野郎白面郎遊冶郎(ゆうやろう)
家来。召使い。「郎従郎党下郎
[名のり]お
[難読]郎子(いらつこ)郎女(いらつめ)女郎花(おみなえし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろう【郎】

[1] ( 名 )
男子。特に、年若い男子。 「初陣の-ある家の牡丹かな/続春夏秋冬 碧梧桐
女性から夫、または情夫をさしていう語。 「 -が来れば夜の短きを苦み、-が往けば宵の長きを苦む/南郭先生文集」
中国の官名。侍郎・尚書郎などの総称。
( 接尾 )
男子の名前に付ける言葉。一族・一家の中で男の生まれた順序に従って付ける。 「太-、次-、三-」
助数詞。男女の別なく、子供の生まれた順序を表すのに用いる。 「男子二人、女子一人をもてり。太-は質朴すなおによく生産なりわいを治む、二-の女子は大和の人のつまどひに迎へられて彼所かしこに行く、三-の豊雄なるものあり/読本・雨月 蛇性の婬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

郎の関連キーワード光永星郎(みつながほしお)稀音家 浄観(1代目)藤間 勘十郎(4代目)きんぴら先生とお嬢さん稀音家 浄観(初代)沢村四郎五郎(3代)中村四郎五郎(4代)中村四郎五郎(5代)キューポラのある街杵屋勘五郎(4世)藤間勘十郎(3代)鎌倉長九郎(2代)市川鰕十郎(5代)実川額十郎(2代)熊さん・八っつぁん杵屋六三郎(初代)市山七十郎(2代)西国兵五郎(3代)紋三郎派藤間流影武者徳川家康

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郎の関連情報