郎子(読み)イラツコ

デジタル大辞泉の解説

いら‐つ‐こ【郎子】

上代、若い男性を親しんで呼んだ語。いらつきみ。⇔郎女(いらつめ)
「太子菟道稚(うぢのわか)―、位を大鷦鷯尊(おほささぎのみこと)に譲りまして」〈仁徳紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いらつこ【郎子】

上代、若い男子を親しんでいう称。 ⇔ いらつめ 「菟道稚-(うじのわきいらつこ)/日本書紀 応神訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android