コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部分均衡 ぶぶんきんこうpartial equilibrium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

部分均衡
ぶぶんきんこう
partial equilibrium

経済用語。「他の事情にして等しければ」という条件のもとで,当該のの価格にのみ依存する需給均衡。財の需給均衡分析は,ワルラス流の一般均衡分析とマーシャル流の部分均衡分析に大別される。経済変数が少いため部分均衡は実用性・操作性にすぐれているが,一般均衡の特殊ケースとして一般性が低いとされる。この概念は,ケンブリッジ学派によって積極的に用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶぶんきんこう【部分均衡】

すべての市場ではなく、その一部の市場においてのみ需要と供給の均衡が成立している状態。 → 一般均衡

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

部分均衡の関連キーワードマーシャル(Alfred Marshall)不完全競争の経済学均衡理論(経済学)需要・供給の法則費用便益分析一般均衡理論部分均衡理論消費者余剰経済学原理構造的失業生産者余剰計量経済学均衡理論市場均衡ムーア市場

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android