コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部分日食/部分日蝕 ブブンニッショク

デジタル大辞泉の解説

ぶぶん‐にっしょく【部分日食/部分日×蝕】

日食で、太陽一部分のみが隠される現象。太陽が全く見えなくなる場合は皆既日食、月の本影が地球まで届かず、太陽の周辺が環のように残って見える場合は金環食という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の部分日食/部分日蝕の言及

【日食】より

…影には,光が直接到達しない本影と,一部の光が到達する半影とがある(図1)。本影内では,太陽が全部月に隠されて皆既日食となり,半影内では,太陽の一部が月に隠されて部分日食となる。また,太陽,月,地球が一直線に並んでも,月の見かけの大きさが太陽に比べて小さいと,月が太陽を隠しきれず,月のまわりから太陽本体(光球)がはみだす。…

※「部分日食/部分日蝕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

部分日食/部分日蝕の関連キーワードティコ・ブラーエペルセウス座金環日食日食

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android