部分音(読み)ブブンオン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある音を、いくつかの純音の集まった複合音としたとき、その成分としての純音。そのうち振動数のもっとも少ないものを基音、他を上音と呼ぶ。成分音とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の部分音の言及

【音】より

…このうちb,cは整数倍の振動数をもったいくつかの純音の組合せになる。このように多くの純音の組合せでできる音を複合音,それぞれの純音を,その成分または部分音という。部分音のうちで振動数のもっとも低いものを基本音,それ以上の振動数の部分音を順次第1上音,第2上音,……という。…

※「部分音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android