上音(読み)じょうおん(英語表記)overtone

翻訳|overtone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上音
じょうおん
overtone

音響学用語。一般に発音体から発せられる振動数の異なる純音の合成されたものられるが,れら純音中最も振動数の小さな基音に対し,他のものは上音と呼ばれる。さらに上音中でも基音の整数倍となるものを倍音という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐おん〔ジヤウ‐〕【上音】

高い調子の声。高声。
ある発音体の発する音のうち、基音よりも振動数の多い音。倍音など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうおん【上音】

基音より振動数の高いすべての音。一般に発音体の発する音は複数の成分音からなり、これはさらに、音高を規定する基音と多くの上音に分けられる。 → 倍音

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上音の言及

【音】より

…このように多くの純音の組合せでできる音を複合音,それぞれの純音を,その成分または部分音という。部分音のうちで振動数のもっとも低いものを基本音,それ以上の振動数の部分音を順次第1上音,第2上音,……という。とくにこの例のように上音の振動数がすべて基本音の振動数の整数倍であるときには,第2倍音,第3倍音,……という。…

※「上音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上音の関連情報