コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上音 じょうおんovertone

翻訳|overtone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上音
じょうおん
overtone

音響学用語。一般に発音体から発せられる振動数の異なる純音の合成されたもの考えられるが,それら純音中最も振動数の小さな基音に対し,他のものは上音と呼ばれる。さらに上音中でも基音の整数倍となるものを倍音という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐おん〔ジヤウ‐〕【上音】

高い調子の声。高声。
ある発音体の発する音のうち、基音よりも振動数の多い音。倍音など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうおん【上音】

基音より振動数の高いすべての音。一般に発音体の発する音は複数の成分音からなり、これはさらに、音高を規定する基音と多くの上音に分けられる。 → 倍音

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上音の言及

【音】より

…このように多くの純音の組合せでできる音を複合音,それぞれの純音を,その成分または部分音という。部分音のうちで振動数のもっとも低いものを基本音,それ以上の振動数の部分音を順次第1上音,第2上音,……という。とくにこの例のように上音の振動数がすべて基本音の振動数の整数倍であるときには,第2倍音,第3倍音,……という。…

※「上音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上音の関連キーワード挙げ歌・上げ歌・挙歌・上歌メルビッシュアムゼードローン(音楽)オーバートーン上鳴り・表鳴りおっぺけぺえ節夜明けの序曲上音更基線三十六字母江戸城明渡ひ(仮名)藤沢浅二郎壮士芝居那須与一川上貞奴能の用語サシコエヨワ吟ツヨ吟高田実

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上音の関連情報