純音(読み)じゅんおん(英語表記)pure tone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

純音
じゅんおん
pure tone

1つの周波数正弦波から成る純粋な音色には特徴がなく,音の高さは一定であり,単調な感じがする。完全な純音は理論上のものであるが,音叉をたたいたときの音などはこれに近い。いくつかの純音が混った音を複合音という。特に音楽的な響きをもつ複合音は楽音という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐おん【純音】

〘名〙
① 音楽理論上もっとも単純明快な響きをもつ音。その波形はつねに正弦形を示す。純粋音。〔音楽字典(1909)〕
② 単一の振動数の音以外の振動数を含まない、完全な正弦波形の音。音叉や発振器などの音がそれに近い。単純音。単音。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の純音の言及

【音】より

…いくつかの例を図4に示す。図のaは正弦音波または純音と呼ばれる音の波形で,一つの振動数で構成されている。実際の音には厳密な意味での純音はほとんどなく,b以下のような複雑な波形をもつのがふつうである。…

※「純音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報