コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷土科 きょうどかHeimatkunde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郷土科
きょうどか
Heimatkunde

郷土教育教科として独立させようとするもので,1900年頃ドイツ語の訳語として日本に導入された。初め各府県の師範学校の付属小学校で試みられ,のちにその影響で一般の小学校でも特設するものがふえたが,ついに法定の教科にはならないで終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

郷土科の関連キーワード新居浜市立郷土美術館日本のおもな博物館牧口 常三郎棚橋源太郎牧口常三郎合科学習

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android