法定(読み)ほうてい

精選版 日本国語大辞典「法定」の解説

ほう‐てい ハフ‥【法定】

〘名〙 法令によって定めること。法律の規定。
※行政不服審査法(1962)一九条「処分庁が誤って法定の期間よりも長い期間を審査請求期間として教示した場合」

ほう‐じょう ホフヂャウ【法定】

〘名〙 うそ。いつわりごと。虚言。
※御伽草子・あしびき(室町中)「法定なしの武王丸、かへり宣旨の金剛丸已下のすくやか物ども六七人ありけるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android