コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷浩 ごう ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郷浩 ごう-ひろし

1905-1987 昭和時代後期の郷土史家。
明治38年12月16日生まれ。郷純造の曾孫。岐阜県庁勤務などをへて昭和31年初代岐阜城館長。43年県博物館協会会長。「稲葉城落城年代考」をあらわし,通説とはことなる同城の落城年代を主張した。昭和62年1月20日死去。81歳。岐阜県出身。岐阜高農(現岐阜大)卒。著作に「岐阜城物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

郷浩の関連キーワード大郷学橋

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android